本学会は地すべり及びこれに関連する諸現象並びにその災害防止対策に関する調査・研究・受託および助成を行っています。

お問い合わせ

日本語 | English

公募情報

NEXCO東日本 令和4年度技術研究助成の公募">NEXCO東日本 令和4年度技術研究助成の公募

2022.12.05 カテゴリー:公募情報,研究助成

受付日:2022.12.05 公募元 NEXCO東日本

2023年度日本地すべり学会賞の候補募集">2023年度日本地すべり学会賞の候補募集

2022.11.15 カテゴリー:お知らせ,学会行事・案内

地すべり分野の国際英文ジャーナル「Landslides」の2023年購読者募集

2022.11.11 カテゴリー:お知らせ,学会行事・案内

                               2022年11月11日
                            (公社)日本地すべり学会
                              会長  笹原 克夫

 日頃、当学会の活動に一方ならぬご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
地すべり分野の国際英文ジャーナル「Landslides」の購読者募集のご案内です。
このジャーナルは、学会が出版社(Springer Nature社)へ、まとめて注文することにより、格安で購読可能です。

1.対象ジャーナル
 ・Landslides(ICLがSpringer Nature社から出版)
 ・直近のインパクトファクターは6.153(2021年)
 ・2018年からは年12回で毎月発行。創刊号(2004年3月発行)から最新号まで購読可能

3.購読形態と期限
 ・Webでの購読で、冊子は含みません。
 ・Springer Nature社のサイトで、申込者が受取るアソシエイションコードを使って、
  このジャーナルにアクセスします。
 ・購読期限は、2023年12月31日まで

4.対象者
 ・日本地すべり学会の会員
  研究者の方をはじめ、海外事業に携わる技術者の方も、この機会にぜひご利用ください。

5.購読料
  年間4,800円

6.2023年の購読申込方法
  以下の手順で申込ください。
  (1)年間購読料の振込
     (振込先) みずほ銀行 新橋中央支店 普通 口座番号:1901642
           口座名:公益社団法人日本地すべり学会
      振込手数料はご負担願います。
  (2)購読申込(ここから入力)
     所属機関への請求書などが必要な場合は、その旨もご連絡ください。
  (3)購読申込の入金締切
    2022年11月28日(月)まで
以上

2022年度最近の地すべり・土石流災害調査報告会の受付開始">2022年度最近の地すべり・土石流災害調査報告会の受付開始

2022.10.21 カテゴリー:お知らせ,学会行事・案内

信州大学農学部の教員公募

2022.09.30 カテゴリー:お知らせ,人事公募,公募情報

受付日:2022.09.30 公募元 信州大学

1.職名:教授
2.人数:1名
3.所属:信州大学学術研究院農学系
4.分野:砂防学
5.応募締切日:2022年12月2日(金)必着
6.採用予定日:2023年4月1日
7.詳細が掲載されているURL: 公募要領

九州大学 大学院農学研究院 環境農学部門(土環境学分野)の教員公募

2022.09.08 カテゴリー:人事公募,公募情報

受付日:2022.09.08 公募元 九州大学

1. 職:教授
2. 人数:1名
3. 所属:九州大学 大学院農学研究院 環境農学部門 生産環境科学講座 土環境学分野
4. 応募締切日:2022年10月31日(月)17:00必着
5. 採用予定日:2023年4月1日以降、可能な限り早い時期
6. 詳細が掲載されているURL: https://www.agr.kyushu-u.ac.jp/news/file/p220902.pdf

兵庫県職員(林学職)の募集

2022.09.01 カテゴリー:人事公募,公募情報

受付日:2022.09.01 公募元 兵庫県

兵庫県職員行政「林学職」(経験者採用)の採用試験の案内です。

1)職:林学職
2)人数: 計 2 名程度
3)所属: 兵庫県職員
4)応募締切日: 令和 4年 9月16日(金) 17時(インターネットのみ)
5)採用予定日: 概ね令和5年4月1日
6)詳細が掲載されているURL: https://web.pref.hyogo.lg.jp/ji01/pc01_000000072.html

2022年8月豪雨災害 被災前後の衛星画像(会員からの情報提供)

2022.08.17 カテゴリー:お知らせ,会員からの情報提供,災害・研究報告,災害情報

報告日:2022.08.17

弘前大学の鄒 青穎会員からの情報提供です。

 今般の豪雨災害について、台湾水土保持局のBigGISサイトで、被災前後の衛星画像が公開されています。
衛星画像の取得状況によって、20220810以降の衛星画像もアップロードされる予定です。
必要に応じて、災害復旧などでご活用くださりますようお願いいたします。

被災前
1. 20220722 Sentinel-1
2. 20220727 Sentinel-1
3. 20220731 Sentinel-2

被災後
1. 20220803 Sentinel-1
2. 20220808 Sentinel-1
3. 新潟県村上市下岩内地区おける土砂移動範囲の分布 (SHPファイル)
    日本東北20220803豪雨_判釋範圍
    日本東北20220803豪雨_判釋成果
 (4.衛星画像の取得状況次第、追加検討)

台湾水土保持局BigGISサイト
台湾語で構築されたサイトで、情報の開き方はこちらを参照

協力者:成功大学Liu, Cheng-Chien先生、中央大学Lin, Tang-Huang先生

新潟県村上市下岩内地区おける土砂移動範囲分布(会員からの情報提供)

2022.08.12 カテゴリー:お知らせ,会員からの情報提供,災害・研究報告,災害情報

報告日:2022.08.12

                                        2022.8.11
                                    弘前大学 農学生命科学部 
                                     山間地環境計画学研究室
                                    鄒青穎(ツォウ チンイン)

 令和4年8月3日からの大雨により、新潟県村上市下岩内地区で発生した土砂移動範囲をマッピングしました。
土砂移動範囲のマッピングにおいては、朝日航洋株式会社が公開した被災後のオルソ写真や航空レーザ計測データを
ベース(https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/aac-20220807-murakami)に、崩壊源と移動域と堆積域とを
区別せずにポリゴンで囲う作業を行いました(図1)。
 提供者が判読した結果を、公益性を考え、必要とされる方のために速報的に公開するものです。

 以下の土砂移動範囲および判読範囲のポリゴンデータを公開します。
KML(on 地理座標系 WGS1984)リンク先
Shape(on 平面直角座標系 JGD2000 第8系)リンク先

 このデータの使用にあたっては、出典を記載すれば、自由に利用(図化、編集、加工)して頂いて差し支えありません。
ただし、提供者はデータの精度等について保証するものではありません。また、データ使用により生じた問題について、提供者は一切の責任を負いません。

図1 令和4年8月3日からの大雨による土砂移動範囲分布図
(土砂移動範囲のマッピングにおいては、朝日航洋株式会社が公開した被災後のオルソ写真や航空レーザ計測データを使用)

2022年度研究発表会 参加・発表申込の受付開始">2022年度研究発表会 参加・発表申込の受付開始

2022.07.22 カテゴリー:お知らせ,学会行事・案内

RecentPost

Categories

Archives