本学会は地すべり及びこれに関連する諸現象並びにその災害防止対策に関する調査・研究・受託および助成を行っています。

お問い合わせ

日本語 | English

第60回(2021年度)研究発表会および現地見学会

  • HOME
  • 第60回(2021年度)研究発表会および現地見学会

第60回(2021年度)研究発表会および現地見学会

                                 第60回研究発表会及び現地見学会実行委員会

 「(公社)日本地すべり学会 第60回研究発表会及び現地見学会」を,令和3年9月に,北海道札幌市の札幌市教育文化会館をメイン会場として,下記のとおり開催します。なお,新型コロナウィルス感染状況により,開催時期,場所,方法が変更となることも想定されます。変更が生じた場合は,ホームページやメーリングリストにより速やかにお知らせいたします。ご不便をおかけいたしますが,ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

1.開催日程 令和3年9月14日(火)~9月17日(金)
 9月14日(火) 道民講演会    18 : 00~20 : 00
 9月15日(水) 受付        9 : 00~10 : 00
        開会式,表彰式  10 : 00~10 : 40
        特別講演     10 : 40~12 : 10
        研究発表会     13 : 00~17 : 00
 9月16日(木) 研究発表会      9 : 30~17 : 00
        閉会式      17 : 00~17 : 15
 9月16日(木)  現地見学会宿泊コース  16 :00~9月17日(金)16:30(予定)
 9月17日(金) 現地見学会日帰りコース 8 : 00~16 : 30(予定)
※意見交換会は,新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため,中止といたします。

2.会場
メイン会場:道民講演会,受付,開会式,表彰式,特別講演,研究発表会
     札幌市教育文化会館
1F小ホール,3F研修室,4F研修室・講堂・ギャラリ-
〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目
       TEL.011-271-5822 FAX.011-271-1916
        ホ-ムペ-ジ http://www.kyobun.org
○航空機をご利用の場合
JR新千歳空港駅⇔JR札幌駅(約40分,料金1,150円)→下記①参照
  JR新千歳空港駅⇔JR新札幌駅(約30分,料金880円)→下記②参照
①JR札幌駅より
・バス(北海道中央バスまたはJR北海道バス):
札幌駅バスターミナル1番乗り場から円山経由小樽方面,または5番乗り場から手稲方面で「北1条西12丁目」(約7分,料金210円)⇔徒歩1分
・タクシー:JR札幌駅南口より会場まで(約5分,料金700円前後)
・地下鉄:南北線「さっぽろ駅」真駒内行き→「大通駅」で東西線宮の沢行きに乗り換え「西11丁目駅」(約10分,料金210円)⇔1番出口から徒歩5分
②JR新札幌駅より
・地下鉄:
東西線「新さっぽろ駅」宮の沢行き→「西11丁目駅」(約20分,料金330円)⇔徒歩5分
      ③宿泊場所がススキノ方面
南北線「すすきの駅」麻生行き→「大通駅」で東西線宮の沢行きに乗り換え「西11丁目駅」(約10分,料金210円)⇔徒歩5分

3.道民講演会
9月14日(火) 「札幌市教育文化会館 1F小ホール」  18:00~20:00
講演者:和田哲氏(株式会社あるた出版 タウン情報誌「O.tone」編集デスク)
     「アイヌ語の地名とその語源(仮題)」
    大塚宣明氏(札幌学院大学 人間科学科)
     「北海道の石器時代の人々の暮らしと斜面変動(仮題)」
※一部調整中ですので,変更となる可能性があります。

4.現地見学会
北海道内において次の3コースを予定しています。
・Aコース(定員40名):厚真町周辺岩盤地すべりコ-ス
〔JR札幌駅9月17日8:00集合→10:20日高幌内川岩盤地すべり→新千歳空港15:30,JR札幌駅17:00にて解散予定〕
・Bコース(定員40名):厚真町周辺テフラ層すべりコース
〔JR札幌駅9月17日8:00集合→10:00本郷→11:30東和→13:50富里浄水場(車窓見学)→新千歳空港15:10,JR札幌駅16:50にて解散予定〕
・Cコース(定員20名):カルデラ地形内の地すべり・アイヌ文化コース
〔札幌市教育文化会館9月16日16:00集合→洞爺湖温泉泊,9月17日8:00出発→11:00壮瞥町上久保内地すべり,幸内2地すべり~13:10白老町民族共生象徴空間(ウポポイ)見学→新千歳空港16:00,JR札幌駅17:00にて解散予定〕
※見学地の詳細は調整中ですので,変更となる可能性があります。

5.申込方法等
参加者は,事前申込(参加申込システムから申込を行い期日までに入金が完了したもの)を原則とし,返金は行いません。研究発表会のみの参加者は,当日申込を受け付けますが,参加費は事前申込とは異なった金額となります。
なお,申込方法等の詳細な情報は,地すべり学会誌2021年3月号(58巻2号)及び学会ホームページに案内を掲載します。 また,平行して発表(口頭発表,ポスター発表)の申込を受け付けます。発表者は,学会員(正会員・学生会員)であるとともに,参加申込が必要となります。詳細については,「発表申込及び講演要旨作成・投稿要領」(別途掲載)を参照してください。
 
6.新技術紹介セッションの募集
 地すべり等に関する工法・機器・ソフト等の展示・紹介をできるブースを設けたスペースを研究発表会会場内に設定し,参加を募集します。なお,詳細な情報は,地すべり学会誌2021年3月号(58巻2号)及び学会ホームページに案内を掲載します。
(募集件数に達した場合は,その時点で受付を終了します。)

7.広告の募集
 参加者に配布される大会案内書・講演集CD版に掲載する広告を募集します。また,広告掲載団体リストを研究発表会会場等に掲示します。なお,詳細な情報は,地すべり学会誌2021年3月号(58巻2号)及び学会ホームページに案内を掲載します。
8.若手優秀発表賞の表彰
 学生会員及び若手の正会員(満35才以下の者)の研究意欲を高めるために,優秀な発表を行った者に対して,若手優秀発表賞の表彰を実施します。

9.継続教育(CPD)への対応
 技術者の継続教育に資するために,研究発表会・意見交換会・現地見学会については,希望する参加者に参加証明書を発行します。また,建設系CPD協議会の加盟団体の認定プログラムに申請する予定です。