本学会は地すべり及びこれに関連する諸現象並びにその災害防止対策に関する調査・研究・受託および助成を行っています。

お問い合わせ

日本語 | English

オープンアクセスブックシリーズ Progress in Landslide Research and Technology のご案内

  • HOME
  • オープンアクセスブックシリーズ Progress in Landslide Research and Technology のご案内

ICLの新しいオープンアクセスブックシリーズ
“Progress in Landslide Research and Technology” (Progress-LRT)

(公社)日本地すべり学会ICL委員会

 ICLでは,2022年より,新たにオープンアクセスブックシリーズ(オンラインにて無料で閲覧できる電子出版物)として,“Progress in Landslide Research and Technology” (Progress-LRT)を刊行予定です。
 詳細は下記の案内およびリンク先(ICLのホームページに掲載の案内記事)をご覧ください。

  • ●Progress-LRTは,ICLが新たに発行するオープンアクセスブックシリーズです。
    ●掲載された論文は,だれでも無料でオンラインにて閲覧することができます。
    ●論文形式の原稿に加え,関連する動画を資料として添付することができます。
    ●地すべり研究・技術の新規性のみならず,その適用や社会実装,教育ツール等に関する報告・紹介を重視しており,そのような観点からの編集・査読が行われます。
    ●地すべり及び土砂災害の報告あるいは調査や,ソフト及びハード対策の計画と設計や実施などの成果のうち,他とは異なる優れた特徴を有し,広く公表する価値があると判断される内容を歓迎します。

    ●Vol.1, No.1(2022年7月発刊) および No.2(11月発刊)は”KLC2020 and 5th World Landslide Forum“を副題として,WLF5での発表者による投稿を募集しています。
    ●特に,WLF5で電子プロシーディングや電子ポスターで発表された皆様には,この機会に論文形式での投稿をお待ちしています。
    ●出版の詳細や原稿区分,掲載費,投稿期限,投稿原稿の書式等については,以下のリンクをご参照ください。

  • 【関連リンク】
    Progress-LRTについて
    Landslide誌との違い
    原稿区分
    Vol.1, No.1-No.2 ”KLC2020 and 5th World Landslide Forum“の案内および掲載費